■これからも続く、健康と安全への期待
食の安全への危機感が叫ばれだして、久しい。
健康長寿志向は、人としての尽きない本源的欲求である。
その一方で、効果が不明瞭な健康食品の類いが横行しているのも悲しい現実だ。今、より信頼性の高い、健康に寄与できる食品、飲食サービスの提供が求められている。

地域における健康管理のスペシャリストは医療従事者、なかでも街中の開業医は庶民にとって心強い存在だ。
診療室で行なわれる診察や健康管理のアドバイスによって、自身の寿命を永らえている高齢者や健康弱者も多い。

しかし、診察室の診察や治療、施術だけで健康を維持することは難しい。より日常的な場面での管理提案などができれば、庶民の健康は、より一層向上することが期待できるのではないだろうか。
最近になって「ドクターレストラン」という呼称があちこちで使われるようになったが、古来より食は「医食同源」「薬食同源」であったことを思い出してほしい。
■医師がレストランを開業する社会的メリット
医療従事者によるレストラン開業の発想は、こうした視点によって出てきた。

地域の医師等の医療従事者による、カフェレストラン等の飲食スペースの提供には、大きなメリットがある。
医療従者側にとっては、診察室の医療行為に加えて、食の改善等を通じた健康管理の提案になる。
地域住民にとっても、医師の推奨する食事や食育の理念の勉強の場になる。
またコミュニケーションの場を創出提供することで、地域へ大きな貢献も期待できる。
精神面でのリラクゼーションの相乗効果も期待できる。

しかし、飲食店経営には医療とは異なる専門知識と技術が必要だ。
ジャパンフードルネサンスでは、開業医の先生をはじめ医療従事者によるカフェレストランの開業に特化した、コンサルティングを実施している。
飲食店開業のサポートは 株式会社ジャパンフードルネサンス
東京都北区田端新町3-29-12 TEL.03-3895-1718 FAX.03-3800-0550 メール:info@japanera.com